Cover Image for Funding the Commons: Tokyo 2024
Cover Image for Funding the Commons: Tokyo 2024
Avatar for Funding the Commons
235 Going
Get Tickets
Welcome! Please choose your desired ticket type:
About Event

※日本語での説明は下部にあります。Japanese description is the below.

Join us for our 10th Funding the Commons conference in Tokyo Summer 2024!

In a program curated by our partners from DeSci Tokyo and Plurality Tokyo, we’ll explore organizations and research projects revitalizing communities and civic infrastructures by defining new forms of support for public goods.

In the midst of complex interdependent global challenges, and regional issues like declining population, defining needs, mechanisms, and coordination pathways around shared common resources can provide hope and tangible solutions.

Amidst Japan's environmental and demographic shifts, this conference emerges as a crucial platform for inspiring new strategies in public goods support and presenting a regenerative vision from the cosmopolitan city of Tokyo. Over two days, engage, share, and collaborate to forge paths toward effectively funding and sustaining public goods in our dynamic world.

This event is held in close partnership with DeSci Tokyo at the United Nations University Center in Shibuya, Tokyo.

Ethereum EDCON Tokyo begins the day following our conference, allowing for cross-pollination of ideas within a larger international blockchain conversation, as well as the attendance of influential speakers, sponsors and guests in a hyper-relevant context.

Speakers will include:

  • Audrey Tang (Plurality.net)

  • Yuko Koshiba (Philanthropy Advisors)

  • Glen Weyl (Plurality Institute)

  • Aya Miyaguchi (Ethereum Foundation)

  • Masahiro Fukuhara (ONGAESHI)

  • Cheeky Gorilla (Protocol Guild)

  • Ryota Kanai (Araya Inc.)

Themes explored will include: ​

  • Innovation in Support for Public Goods in Japan

  • Mechanisms for Design of Public Goods

  • AI Alignment

  • Learning from Population Decline & Urgency of Public Goods Reinvention

  • Regional Development Cases for Global Replicability

  • Open Source Culture

What to expect? 

Funding the Commons Tokyo 2024 brings together presentations, panel discussions, and collaborative sessions, welcoming both in-person and virtual participants. It's a chance for builders, protocol developers, academics, and funders to talk, create, and share new ways to fund public goods. Whether you're looking to add your knowledge, learn from the experts, or meet others in the field, this event is where you can help shape the future of public goods funding.

Previous conferences included public goods thought-leaders such as Vitalik Buterin (Ethereum), Juan Benet (Protocol Labs), Kevin Owocki (Gitcoin), Karl Floersch (Optimism),  Sarah Horowitz (Freelancers Union), Jaan Tallinn (Skype, Future of Life Institute & Centre for the Study of Existential Risk, CSER, at Cambridge University), Isabela Fernandes (Tor Project), Tom Kalil (Schmidt Ventures), and many more.

Register now to secure your spot at Funding the Commons Tokyo 2024.

私たちと一緒に、2024年夏に東京で開催される第10回Funding the Commonsカンファレンスに参加しましょう!

DeSci TokyoとPlurality Tokyoのパートナーによってキュレーションされたプログラムでは、公共財の新しい支援形態を定義することで、コミュニティと市民インフラを活性化する組織や研究プロジェクトを探求します。

複雑な相互依存するグローバルな課題や、人口減少といった地域の問題の中で、共有する資源に関するニーズ、メカニズム、および協調経路を定義することは、希望と具体的な解決策を提供することができます。

日本の環境および人口動態の変化の中、このカンファレンスは公共財支援の新戦略をインスパイアし、東京の国際的な都市から再生可能なビジョンを提示するための重要なプラットフォームとして浮上します。2日間にわたり、交流し、共有し、協力して、ダイナミックな世界で公共財を効果的に資金提供し維持するための道筋を開拓しましょう。

このイベントは、渋谷区の国連大学センターDeSci Tokyoとの密接なパートナーシップのもと開催されます。

私たちのカンファレンスの翌日には、EDCON Tokyoが始まり、より広範な国際的なブロックチェーンの会話の中でのアイデアの交差受粉が可能となり、影響力のある講演者、スポンサー、ゲストが関連性の高い文脈で参加することができます。

登壇予定は次のとおりです:

  • オードリー・タン (Plurality.net)

  • 小柴優子 (フィランソロピー・アドバイザーズ株式会社)

  • グレン・ワイル (Plurality Institute)

  • 宮口あや (Ethereum Foundation)

  • 福原正大 (ONGAESHI)

  • Cheeky Gorilla (Protocol Guild)

  • 金井良太 (株式会社アラヤ)

探求されるテーマは次のとおりです:​

  • 日本における公共財支援の革新

  • 公共財設計のメカニズム

  • AIアライメント

  • 人口減少からの学びと公共財の再発明の緊急性

  • 地域開発のグローバルな再現可能性の事例

  • オープンソース文化

何を期待できますか?

Funding the Commons Tokyo 2024は、プレゼンテーション、パネルディスカッション、共同セッションを組み合わせ、対面およびバーチャルの参加者を歓迎します。ビルダー、プロトコル開発者、学者、資金提供者が集まり、公共財の資金提供の新しい方法を話し合い、創造し、共有する機会です。知識を提供したい方、専門家から学びたい方、またはこの分野の他の人々と出会いたい方、このイベントは公共財資金の未来を形作る場所です。

過去のカンファレンスには、Vitalik Buterin(Ethereum)、Juan Benet(Protocol Labs)、Kevin Owocki(Gitcoin)、Karl Floersch(Optimism)、Sarah Horowitz(Freelancers Union)、Jaan Tallinn(Skype、Future of Life Institute&Centre for the Study of Existential Risk、CSER、ケンブリッジ大学)、Isabela Fernandes(Tor Project)、Tom Kalil(Schmidt Ventures)などの公共財の思想リーダーが参加しました。

Funding the Commons Tokyo 2024への参加登録をして、あなたのスポットを確保してください。

Location
United Nations University
5-chōme-53-70 Jingūmae, Shibuya City, Tokyo 150-8925, Japan
Avatar for Funding the Commons
235 Going